脇汗 止める 方法

脇汗を止める方法はこのサイトで解説しています。
MENU

多汗を誘発する自律神経失調症とは何か

俗にいう「汗かき」の事を「多汗症」と呼びます。
先天的体質による場合もあれば、何か別の要因によって発生するケースもあります。

 

そして自律神経の乱れによって起きる多汗症も存在し、
これも自律神経失調症の枠組みに入ります。

 

自律神経・自律神経失調症

自律神経は、生存のために必須な機能を携えている神経です。
意図的に制御する事は不可能ですし、その必要性もありません。

 

肺や心臓、そして消化器官などの神経がこれに当たり、
発汗機能も、当然この自律神経によるものです。

 

この自律神経が狂う事により、
精神面や身体面に色々な不調が発生している様態の事を、自律神経失調症と呼びます。

 

自律神経には、副交感神経と交感神経の2種類があります。
副交感神経は心身が穏やかな時に優勢になり、
交感神経は積極的に心身が活動しているときに優勢になります。
両者の神経が調和しているからこそ、人の生命活動は成立しているのです。

 

しかし、この調和が病気やストレス、不規則な生活習慣によって乱れると、
それを起因に自律神経失調症に陥ってしまうのです。

 

自律神経失調症と多汗の関連性

暑さを感じないのに発汗する、というのは自律神経が乱れている証拠です。

 

プレッシャーを感じた時に冷や汗が出た経験のある方も多いでしょうが、
これは神経が張りつめた事により、交感神経がかなり活発化し、
汗腺が反応を起こして発汗しているという例です。

 

些細な問題であればひとりでに回復するので、
プレッシャーから解放されれば、その内発汗も収まりますが、
このような気が休まらない状態が、長期に渡り継続してしまえば、
交感神経が優勢な期間が続き、副交感神経の出番が無くなってしまいます。

 

すると、気持ちを落ち着かせる事が出来ず、プレッシャーが継続したり、
眠れなくなったりし、その悪影響でストレスや疲労感が大きくのしかかり……と、
負のスパイラルに嵌ってしまい、自律神経失調症に陥ってしまいます。

 

自律神経失調症が原因の際は、暑さを覚えているかどうかとは関連性がなく、
些細なストレスや緊張に反応し、多量の発汗が起きてしまうのです。

 

医療機関で適切な相談を

多汗の要因が先天的なものなのか、自律神経の乱れによるものなのか、
明確に割り出すためには、医療機関で汗腺の量をチェックしてもらうのが最適です。

 

自律神経失調症であると判断される事を避けたい、
または他人に知られたくないという感情から、
一人で抱え込んで解消しようとする方も多いですが、それは誤りです。

 

このような疾患の陰に、これ以外の重篤な疾患や体質の問題が潜んでいる事もあります。
そして自律神経を乱している要因は、自分自身では分かりにくいケースが大半なので、
第三者の位置から判断して、助言してくれるプロの力が必要不可欠です。

 

相談自体はもちろん誰が相手でも可能ですが、
専門知識が無ければ理解を得られないでしょうし、
仮に分かってもらえたところで、まず間違いなく解決にはつながりません。

 

ですから早急に医療機関で診てもらい、適切な対処をして貰って下さい。
手の汗 止める

このページの先頭へ