脇汗 止める 方法

脇汗を止める方法はこのサイトで解説しています。
MENU

脇汗ケアに多い洗い方のミス

嫌な脇汗の解決のために、丁寧に洗っている方がたくさんいるでしょうが、
誤った手段で実行してしまうと、かえって状況を悪化させてしまう事も。
ここでは誤ったケア方法を紹介します。

 

臭いの原因が分からないまま洗い過ぎる

身体を洗えば綺麗になり、臭いや脇汗も消えるだろうと発想しがちですが、
実際のところこの考え方がまずく、過剰に洗うとかえって臭いの要因になります。

 

なぜなら、身体の臭いを作っているのは害のある菌であり、
この菌の臭いを「表皮ブドウ球菌」という名の菌が、いい方向の臭いを発して、
相殺してくれているからです。

 

過剰に洗えば、この表皮ブドウ球菌や、それが好む被膜までも取り除いてしまい、
それが元で有害な菌が殖えて硫化水素やアンモニアを生じさせて、
悪臭の要因になってしまうのです。

 

ですから、要らない汚れを除去する程度にする、という事をしっかり理解し、
軽く洗浄する事が重要です。

 

皮脂や汗の発生する要因が分からないまま洗い過ぎる

また、皮脂や汗はニオイの要因として邪険にされがちで、
とにかく闇雲に「絶対に落とす!」という態度の方も多いですが、これもまた誤りです。

 

皮脂や汗には生じる意味があり、
これらは両方とも「肌の乾燥を防止する」役目を背負っています。

 

皮脂は水気が蒸発してカラカラになるのを防止するために発生しますし、
汗は水気を角質の表面に補填するために発生します。

 

ですから、過剰にこれらを除去すると、一旦はすっきりしますが、
それが原因で肌が乾燥し、かえって汗や皮脂が発生しやすくなり、
最終的に、皮膚の表面でこれらが雑菌が殖える材料になったり、
酸化したりしてしまって、悪臭を発生させてしまうのです。

 

ゆえに、あくまでも過剰に洗うのは厳禁で、
洗浄後も確実に保湿を行う事が、皮脂や汗を抑制するためには大切なのです。

 

もしもドキッとしたならば、洗浄方法を確認し、
洗い過ぎに気を付けながら、脇汗の量や臭いを比べてみて下さい。
手汗 抑える

このページの先頭へ