脇汗 止める 方法

脇汗を止める方法はこのサイトで解説しています。
MENU

病院でできる脇汗とニオイ治療について

医療機関で治せるのであれば、治してしまいたいと考えるほどに
脇汗で苦しんでいる方もいるはずです。
現に、脇汗を治療を扱う医療機関もあり、状況に応じて治療法を選べます。

 

臭いを軽減したいのか、発汗量を減らしたいのか。
そのレベル、または、どちらを優位に置くのかの希望により、治療法にも差異が出ます。

 

量音波治療法

発汗量の多い方の発汗を和らげるために有意義なのが、量音波治療法です。
量音波治療法では、超音波の熱気で汗腺を壊し、吸い取って外に出してしまいます。

 

しかし、この手法では100%アポクリン腺を除去する事は困難であり、
重度のワキガ等、アポクリン腺が原因の汗の悪臭が強い方には向いていません。
手術費は平均して18〜30万円程度になります。

 

 

皮下組織吸引法

ワキガの方にも、脇汗が多量な方にも効果的なのが、皮下組織吸引法です。
この手術手法では、脇の下に10ミリ程度の穴を開け、そこから管を差し入れて、
皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺などの臭いや汗の要因を吸引します。

 

この手術は、汗腺を局所的に取り除くものではありません。
よって、アポクリン腺由来の臭いが、悩みの要因であるケースでは、
あまり良い結果が出ない事もあります。

 

ただ、必ず発汗量を減少させられるので、一定以上の改善は出来ます。
だいたい、15万円前後で行える手術です。

 

 

皮下組織削除法

脇の臭いや多量な脇汗に苦しんでいる方にとって有意義なのが、皮下組織削除法です。
この手術では、脇の下に10ミリ程度の穴を開け、臭いや汗の原因となる、
アポクリン腺とエクリン腺を、皮下組織を含めて削るような要領で取り除きます。

 

身体に穴を開けるので、負荷がかかり、リカバーにも時間が必要ですが、
その分脇の臭いや発汗量を、着実に軽減してくれます。

 

手術費は20〜40万円前後と、この種の手術の中でも高額な方です。
身体への負荷が多大な手術なので、信頼できて実績を重ねている医療機関に頼みましょう。

 

 

剪除法(せんじょほう)

アポクリン腺を取り除く事を目的としているのが剪除法であり、臭いの軽減に役立ちます。
具体手順としては、脇の下に3〜5センチ程度の穴を開け、アポクリン腺を除去します。
目で見てアポクリン腺を局所的に取り除くので、必ず臭いを防止する効果が表れます。

 

反面、皮下組織削除法と同様に身体への負荷が重いのが欠点です。
しかし、入院するほどではありません。

 

手術費はおよせ30〜50万円といったところですが、医療機関の設備状況などに、
大幅に左右されます。

 

このページの先頭へ