脇汗 止める 方法

脇汗を止める方法はこのサイトで解説しています。
MENU

脇汗を抑制する脇汗パッドの選び方

衣服に目立つシミが出来るため、脇汗は恥ずかしいものです。
これには、脇汗パッドという対処方法がありますが、
汗の吸収力以外にも、パッドを選択する際の要点があります。

 

使用方法から選ぶ

最大の要点は使用法です。

 

皮膚に直接貼る形式の脇汗パッドは、パッドから汗が漏れませんし、
目に付きにくい薄いタイプのものが主流になっています。
近年のものは粘着能力もかなり強いので、長時間の利用でも剥がれ落ちません。

 

反面、発汗量が多すぎると対処しきれない製品も多々あり、
粘着力が強すぎるせいで、剥がすときに肌に刺激や痛みが加わる事も。
肌が繊細な方にとっては、黒ずみや肌荒れ、そしてかぶれの要因になり得るので
気を付けましょう。

 

服に貼り付ける形式のものも沢山ありますが、こちらは吸収力の強いものが主流です。
服に貼るので、密着せず気になりにくいというメリットはありますが、
ズレが生じると、汗ジミができやすい上、大きく厚いものが大半で、

 

服のタイプによっては使っている事が分かりやすいので、
上着を脱ぐ際や、その他の着こなしには気を付けなければなりません。

 

何度も使用できる洗濯可のタイプには、
ブラジャーの紐などに装着して、パットの部位を脇に当てるものなどがあります。

 

直接貼るタイプと服に貼るタイプの間のような使い心地で、
何回も使えて利便性がありますが、付け続けると装着部分の刺激で
痛くなる場合もあります。

 

 

大きさから選ぶ

次に重視すべきは大きさです。
脇汗が目に付かなくても、パッドが見えやすければそれも恥ずかしいでしょう。
厚かったり大きかったりすれば、衣服の上からでも見えてしまいます。

 

可能な限りミニサイズの方が良いですが、汗が漏れ出てしまったり、
吸収力が物足りなくなったりするので、
ややサイズが大きいものの方が、安心できていいと思います。

 

また、近年では多層タイプという、いくつかの機能を兼ね備えた層で
形成されているものもあり、この形式ではやや厚さは増しますが、
脇汗が原因のトラブルをほとんど解消してくれるはずです。

 

発汗量が多い方は、吸水式を使うとサイズが多少小さくても気兼ねなく利用できます。

 

 

消臭能力から選ぶ

また、脇汗の悪臭が気掛かりな方は、消臭作用が強いものを選びましょう。
銀などのイオンの力で抗菌し、嫌な悪臭を抑制するものが多いです。
消臭炭の成分を含有しているタイプもあり、こちらも無理なく悪臭を抑制してくれます。

 

 

装着具合で選ぶ

そして、装着具合も重要です。
装着具合はパッドの形式によるところが大きいですが、
連日使用するものだからこそ、同じ形式であっても、
皮膚への刺激(肌触り)、蒸れやすさ等は、出来る限り把握しておきましょう。

 

ユニークなものでは、冷却用ジェル(保冷剤)付属の製品もあります。
夏場など熱による発汗が多くなる時期には、救世主になってくれそうですね。
顔汗 抑える

 

このページの先頭へ